kategori_2730_51963_1

2013 4月2日

kategori_2730_51963_1

整形美容というモノは、マブタの上を切るのだと思っていました。マブタの下を整形した中国人女性に、地下鉄の切符の買い方を聞かれたのです。
彼女は、眼鏡を掛けているのですが、両目の下が紫色になっていって、今、切ってきましたっ感。
韓国では、鼻を整形してコルセットを付けたままの女性や、顔に包帯を付けたミイラのまま歩き回っているの女性を見かける事がよくあります。
中国人女性:「地下鉄の切符の買い方を教えて下さい。」
日本人男性:「あっ、俺。日本人、なんて言ってるのか解らんけど、どこまで行くの?」
中国人女性:「東大門。」
日本人男性:「ああっ、私も同じ。乗り換えがあるから、一緒に行く?」
中国人女性:「はい。」
中国人女性は、あまり英語がしゃべれない。日本人男性も、ほとんどしゃべれない。
中国人女性は、韓国をしゃべる事が出来るのかもしれない。日本人男性は、全くしゃべれない。
日本人男性:「中国のどこから来たん?」
中国人女性:「中国。」
日本人男性:「・・・。」
日本人男性:「整形したん?」
中国人女性:「はい。」
日本人男性:「痛いん?」
中国人女性:「当たり前やんけ。こんなに腫れているのに、痛くないわけがないやろ。ボケっ。」
日本人男性:「・・・。」
日本人男性:「痛みをごまかす為に、そんなに買い物をしまくったんや。」
中国人女性:「せやでっ。買い物でもしないと、この痛みを我慢できへんねん。」
日本人男性:「その顔で、百貨店の中をウロウロするの?」
中国人女性:「せやでっ。何か文句あんの。」
日本人男性:「・・・。」
途中、乗り換えをして目的の東大門駅で降り、チケットの保証金の返金の方法を教えてあげて、さようなら。
中国人女性:「カムサムハムニダ!バイバイ!」
日本人男性:「・・・。」
4月になっても肌寒いソウルで、大量のショッピングバッグを抱え、爽やかに去っていく中国人女性の背中を見送りました。
日本人男性:「アンニョンハセヨ!」

kategori_2730_51963_2kategori_2730_51963_3

ほんざわやブログの最新記事