kategori_2730_54689_1

2013 12月4日

kategori_2730_54689_1

12月に入りました。早いものであっと言う間に一年が終わろうとしています。
クリスマス商戦です。ほんざわや の各店では、かわいい洋服を素敵なラッピングにさせて頂いています。クリスマスプレゼントは、ほんざわや。
発表会やパーティー、お出かけをする際にも、ちょと素敵な洋服を着せてあげて下さい。クリスマスですから、お正月ですから。
お正月の福袋の予約も始まっています。元旦の朝販売するものもございますので、詳しくは各店のスタッフまで。

今読んでいる本をご紹介。
・日本でいちばん大切にしたい会社4
身近な2社が紹介されています。坂東太郎さんと小松製菓さん。素敵な会社、素敵な社員さん達です。学ぶ事が多く、私自身は反省し、考えさせられる事ばかりです。
・トラオ 徳田寅雄 不随の病院王
なぜこの本を選んだのかというと、東京都知事が新聞紙面を大きく賑わせているからなのですが。
私は、徳之島に大変親しみを持っているのです。

徳之島は、鹿児島県の西南諸島、奄美大島の下、沖永良部島の上、その下は与論島、沖縄本島です。歴史的に大変なご苦労をされた方が多いこの島に、私は大学生の4年間。毎年夏休みにお世話になっていました。
何にも無い島です。海と闘牛とサトウキビ。何にも無いのです。
神田マリンサービスの神田さん、サンセットリゾートの宮田さん。ご家族の皆さんには、本当にお世話になりました。
潜水部に入部して、1回生の夏休み。先輩の紹介で、フェリーに乗って徳之島へ。とにかく、タンクを背負って海に潜りたい一心でした。素潜りの練習や海水浴場での立ち泳ぎは、イヤなのです。
海猿は、海に潜ってなんぼ。陸では輝けないのです。
ダイビングのお客様がいれば、船に同乗させて下さいます。タンクも自由に使って良いので、陸からのダイビングは、やりたい放題。食事と宿も提供して下さる。代わりに、タンクに空気を充填するのがお仕事。
コンプレッサーの前で、ゲージと海を眺めながら、毎日を海水パンツ一枚で過ごしていました。
何にも無い島は、恐ろしく退屈で。それでも、色々と貴重な経験をさせて頂きました。
台風が直撃すると、恐ろしく刺激的。若いからという理由で、見張り小屋に放り込まれるのですが、めちゃくちゃ恐怖でした。オジヤン達は、泡盛飲んで完全に潰れているし、何を見張るのかよく解らない。あれは完全に肝試しでした。
徳之島の皆さん、大変お世話になりました。そうした懐かしさを胸に、この本を読んでいて、ますます徳之島が好きになりました。
ILOVE 徳之島。好きだぜ、トラオの生き方。

kategori_2730_54689_2

kategori_2730_54689_3

ほんざわやブログの最新記事