kategori_2730_49640_1

2012 8月24日

 

kategori_2730_49640_1

マンションで、猫を放し飼いにしては、イケません!
朝5時。何処からか聞こえてくる気が狂った様なネコの鳴き声。ニャオ~ッ、ニャオ~ッ。
「どこん家の猫?朝の5時やで~っ。マンションで飼うには、マナーを守ってほしいわぁ。」
「うるさいなぁ。くっそ~っ。カンちゃん?」
「あれっ。あれっ。カンちゃん、いないよ・・・。朝の5時だよ、大声出さないでぇ。」
ニャオ~ッ、ニャオ~ッ。上の方から聞こえてくるのです。あれぇ~っ、どこ~っ。
「カンちゃ~ん。カンちゃ~ん。」
朝の5時から、トランクス1枚で、大騒ぎのおっさんの走り回っています。立ち入り禁止のフェンスを越えて屋上に上がり込んでしまったバカ猫。
屋上からの降り方が判らなくなっている。私が呼べば呼ぶほど、気が狂った様に叫び出す。
ニャオ~ッ、ニャオ~ッ。
「し~っ。し~っ。近所迷惑だから、静かにして!」おっさんの叫び声が、騒がしい。
周りの皆さんが、起きて出てきてしまう。皆さんの声がするので、カンちゃんは、更に大パニック。ニャオ~ッ、ニャオ~ッ。
ご近所の皆さん、ウチのカンちゃんは、自由に網戸を開ける事ができます。基本、引き戸は全て開けられます。どう、スゴイでしょ。
先日、柏に住む岩本さんが亡くなりました。私に、心の豊かさや、人として大切なモノをたくさん教えて下さった、神様の様な方です。余命数ヶ月とお医者さんに言われてから一度、食事を共にさせて頂きました。奥さんから、「主人はとても喜んでいた」と、お通夜の席で言って頂きました。いつも笑顔で、ご夫婦とても仲の良い素敵な方でした。
享年88歳、息をひきとる10日前に残した‘辞世の句’だそうです。
‘ありがとう  ありがとうと  感謝して  今日でお別れ  思い出の日々’
常に朗らかで、周囲の皆さんへの気遣いと、感謝の気持ちを忘れない。義理人情の方でした。
岩本様、私はあなたの生き様に、勇気と希望、謙虚な気持ちを与えて頂きました。心からご冥福をお祈りします。ありがとうございます。

kategori_2730_49640_2

 

kategori_2730_49640_3

ほんざわやブログの最新記事