kategori_2730_47505_1

2012 3月15日

kategori_2730_47505_1

ダメな私は、本当に多くの方に支えられて生きています。多くのお客様、周囲の皆さん、スタッフの皆。ありがとうございます。
仕入れに行ったり、展示会に行ったり、ラジオに出演させて頂いたり、相変わらずの落ち着きの無さではありますが。私がフラフラしていられるのも、全てが皆さんのおかげであり、改めて感謝。ありがとうございます。
家では、カンちゃんに支えられています。この子も、かなりダメな子なのですが、このダメさが、可愛い。
おもちゃのリボンを食べてしまい、2日間ウンコが出ませんでした。かなり心配しましたが、無事・・・大量のウンコと共に、赤やピンクのリボンが、チャララララ~ン。手品です。
何でも食べちゃいます。バカなのか、高級キャットフードを与えたばかりでも、ニャーニャーと騒ぎ、結局は食べ過ぎて、ゲップゲップしています。
そんなカンちゃんですが、夜一緒に寝る前に毎晩、私の毛づくろいをして下さいます。私の薄い髪の毛をベロベロと、一定方向に向けてナメて下さるのですが、痛い。
髪が少ないため、頭皮に当たるのです。凹凸感ありまくりの猫の舌が、ジョリジョリと私の頭皮をヤスリで削る様な感覚です。
コレが頭皮を刺激して、髪の毛が生えてくれでもすれば、‘でかした!カンちゃん’なのですが、そんな気配は、微塵もございません。きしょく悪いだけで、きっと私の頭は、マグロ臭とオヤジ臭の混じった、とんでもない臭いがすると思われます。
眠たいし、拒否しても絶対に許してもらえないので、ヤリたいように、気の済むまで徹底的にヤラせておきます。マグロ状態で、どうぞご自由に。
眠りに落ちる頃には、完璧な七三分けのヘアースタイルが、完成。満足したカンちゃんは、胸の上、もしくは私の顔の上で、ゆっくりお休みになられます。
最初、私は仰向けに寝ています。彼が寝る際には、仰向けの私の胸の上がベストポジション。お尻を私の顔に向けて眠りにつかれます。
頭皮マッサージの時間、必要以上にベロベロとして下さるので、横を向いたりしてします。すると、鼻息荒くフンガっフンガっ言いながら、私の顔の上に上がるのです。
そのまま寝てしまうので、夜中に息苦しくなって目が覚めます。体重も増えてきたカンちゃん。重い、苦しい、死んでしまう~っ。
専属スタイリストの朝は早い。毎朝5時半には、ニャオニャオ、ペタペタ、フンガっフンガっ、ペロペロとお化粧です。しっとりとした鼻で、私の顔の臭いを嗅ぎ回るです。
ニャオニャオ、ペタペタ、フンガっフンガっ、ペロペロ。どれだけ眠くとも、どれだけ朝が弱くとも、どれだけ意志が無くとも、きしょく悪くて飛び起きます。
頼む、勘弁してくれ。高級キャットフードを差し上げ、スタイリスト様が食事を楽しまれている間に、私は二度寝するのです。
こうして毎日を楽しく生活ができている事に感謝。ありがとうございます。

kategori_2730_47505_2

kategori_2730_47505_3

ほんざわやブログの最新記事