kategori_2730_50309_1

2012 10月26日

kategori_2730_50309_1

 

眠れぬ夜というモノが、私にもありました。時刻は、朝4時。眠れませんでした。
爆睡系。いつでも、どこでも、誰とでも・・・。韓国に行って来ました。いつもお世話になっている群馬県にある同業の先輩ネーさんと共に。先輩は、初めての韓国という事で、私がガイドを買って出ました。
このガイドが、こりゃまたテキトー。その時の気分を重視するので、観光地へのご案内は一切なし。肉や魚がゴロゴロとしている市場、狂った様な品揃えの古着市場、靴下やパンツが溢れている下着市場。韓国の市場と言えば、生地の市場。そして、南大門、東大門の2大市場。市場を巡るツアーでございます。
食事は、ガイドの好みを最優先。2泊3日のツアー。貴重な2回の夕食は、焼肉ON焼肉。生が苦手なネーさんを尻目に、ユッケONユッケ。
マシッソヨー!美味しっ。焼肉大好き。ネーさんは小食なので、肉と葉っぱをチョコチョコっと食べて、食後の煙草吸ってる。ガイドは、バクバクと自分の好きなモノを好きな様に食べる。
それでも、多少は気を使っていたのか、お疲れ気味のガイドは携帯を焼肉屋に忘れてくる。海外で、携帯が無いと不便で不安ですよね。携帯無しで、しっかりと各市場をご案内し、帰国前に焼肉屋さんに取りに行きました。
良かった。あった!キムチの壺にしっかりと漬けて下さっていました。カムサムハムニダ!
携帯を取り戻した私は、意気揚々と寄り道を繰り返し、出発時間ギリギリにホテルに戻る。ネーさんも私の扱いに慣れたモノで、ホテルの前で苦い顔をしながら一服されていらっしゃいました。
慣れないモノに出会った。喫茶店のトイレ。夜中の12時を過ぎた市場で、歩き疲れてお茶をしようという事になり、シャッターの下りている中。怪しい看板を発見。‘コーヒーあります’薄暗い、いや真っ暗な建物の細い階段を上った2階。観葉植物と、ボックスシートと、壁に吊るされたTVを見上げるマスターが一人。日本でいえば、昔のゲーム喫茶。怪しい。一般人を寄せ付けない雰囲気をあえて醸し出しているので、当然お客は誰もいない。
とりあえず、私がコーヒーで、ネーさんがアメリカンを大声で注文。かったるそうにマスターが、カウンタの中でゴソゴソと。
出てきたコーヒー。誰がどー見ても、インスタント。一応カップを変えて下さっていて、アメリカンはやや大きめのカップに、薄いネスカフェ。ネスカフェやったらえーけど、どうせ何かよく解らん韓国メーカーであろうお湯で薄めたインスタントアメリカンコーヒーをネーさんは苦い顔をして、一服しながら飲んではりました。
根性がすわってはります。真夜中のゲーム喫茶でインスタントコーヒーを飲みながら、この落ち着き。人間の器が違います。
ネーさんが先にトイレを使い、店を後にする前に私もと、トイレに向かってビックリ。
薄汚れたオンボロ扉を開けたら、和式の便器が、こっちを向いていた。扉を開けて直ぐに、和式の便器が、‘こんにちわ’。コレは、どの様にして用を足すのでしょうか。扉を閉めると狭いので立てない。私は男子で、オシッコをしたいのです。
アレッ。コレはどの様に、使うのかなぁ。アレレッ。
考え抜いた末に、扉に向かってしゃがみ、女子と同じようにオシッコをしました。しかし、目の前に扉があり、めっちゃ緊張する。
この状況で仮にもし、借金の取り立てに来た韓国ヤクザが、便所の扉を突き破る様な事が起これば、私はどーなってしまうのか。ヤバい。めっちゃヤバい。急がなきゃ。慌しく用を足し、韓国ヤクザから救い出すために、ネーさんの元へ。
絶対に苦くない、薄々のアメリカンコーヒーを飲みながら、苦い顔をして一服しているネーさんは、無事でした。
「どーやって、オシッコしたん?」
「私は、女やから問題無い。」
「それより、アンタはどないしたん?」
「こーして、こーして。ヤクザが来るから、こーして。
「アホやな。」
「そやけど、スゴイ便所やな。たいがい汚い所も見てきたけど、こっち向きは初めて。さすが韓国。」
「アホやな。」
決して関西人ではないネーさん。根性がすわってはります。ちょっとやそっとでは、動じません。
帰りの飛行機、3列シートの窓際が、ネーさん。真ん中が私で、通路側が体のデカイ外国人のオッさん。
いつでも、どこでも、誰とでもの私は、当然の様に爆睡。
「あんた、相当疲れててんなぁ。隣の外人のオッさんに、寄りかかって寝てたでぇ。」
「え~っ。起こすなり、頭を動かすなりしてよぉ~。」
「外人のオッさん。優しいから、我慢してはったわ。あんたが気持ち良さそうに寝てたから。」
「・・・。」
結構スゴイ状況や、スゴイ場所でも寝れるのに、何で今日は寝れないのだろう。カンちゃんも、起きて来て、パソコンの横で付き合ってくれています。アンニョンハセヨ!

ほんざわやブログの最新記事