kategori_2730_45170_1

’11 8月19日

kategori_2730_45170_1

子猫のカンちゃん。
飼い主は、取り扱いに大変困っております。暑い日が続き、日中はぐったりと、お昼寝をしていると思え。その代わりに、私が帰宅した後、真夜中になってからの活動が・・・半端ない。
あまりに激し過ぎて疲れてしまい、猫を飼っている友人に相談したところ。
「野良ネコは、そんなモノだよ。おバカだから、諦めたほうが良いよ。」というアドバイス。
スゴイの。エアーギターならぬ、エアーハンティングを繰り返すの。ギャーギャー言いながら、架空の獲物に向かって、全速力で走り周り。クイックターンを徹底的に繰り返す。狭い部屋だから、当然の様に失敗して、頭から壁に激突。
ギュワァ~ッ~!って、夜中に何度も叫ぶから大変。当然、私は眠れない。
シュ~ッ、シュ~ッ。ボテッ。ギュワァ~ッ~!やりたい様に、気が済むまで、とにかく自由にさせている。
飼い主がバカなら、この子も完璧なバカで、調子に乗って、寝ている私の顔の上で、クイックターンの練習を始めた・・・当然、シバキあげる。
体の上を走りまわるのは、仕方が無いにしても、ご主人様の顔の上で、ろくに出来もしないターンの練習をするバカが、どこの世界にいるかぁ。
それでも、スリスリと、すり寄ってくると、可愛いから許してしまう。昨晩は、どこにいたのか、コオロギを捕まえてきて、うれしそうに見せてくれた。エアーハンティングの練習の成果をココに見た。関心、関心。やればできる子。
少しづつ、お互いの気持ちを伝える事が、出来る様にもなってきた。
‘ニャ~ッ!’  「エサくれ!」
‘ニャンニャッ。’  「オイ、遊ぼうぜっ。」
噛み方も覚えてきたのか、傷が残らない様に噛んで下さる。それでも勢い余って、ガブッ。本気で「痛いっ」って声を上げて、睨みつけると。
‘あっ、ゴメンね。’って、悲しい顔をするから、これがまた可愛い。ペロペロって、顔を舐められながら、チョロイチョロイって、完璧になめられている。しかし、可愛い。
娘が、私にも、この子にも興味を失った今。私達は2人寄り添いあって、仲良く生きていくのだニャ~っ。

kategori_2730_45170_2

kategori_2730_45170_3

ほんざわやブログの最新記事