kategori_2730_40814_1

’10 7月26日

kategori_2730_40814_1

カブトムシを頂きました。
娘が喜ぶ姿を想像しながら、プラスチックのケースに入れて頂いた、オスのカブトムシを大切に持ち帰りました。
が、小学3年生の愛娘は一言、「気持ち悪い」。
アレッ。気持ち悪い。ハイッ、おしまい。
連日の猛暑で、プラスチックケースに入れられたままでは、カブトムシが可哀そうに思え。夜には、私の寝室にて、放し飼い。
これが大失敗。寝られへん。日中は、ぐったり感をにじませながら動きが無いにもかかわらず。私が寝る頃を見計らって動き出すのです。
夜行性だけあって、電気を消して真っ暗にするやいなや。ブゥ~ン・キュッキュッ。飛び回る羽の音や、色々な所を足で引っ掻き回す音で、寝られへん。
オイオイ。結構、騒いで下さるのね。静かにしてくれないと、私は寝られへんよ。電気をつけて探しても、何処にいるのか解らない。
踏みつぶしても可哀そうなので、再び電気を消すと。ブゥ~ン・キュッキュッ。寝られへん。
オイオイ。一晩のうちに、何度、目を覚ました事か。しかし翌朝には、お利口さんにケースに戻り、餌の虫ゼリーのケースを被ってあそんでいらっしゃいました。なんかカワイイ。
カワイイので、虫ゼリーと止まり木を買ってあげました。そして、毎晩毎晩、ブゥ~ン・キュッキュッ。
41歳の誕生日です。スタッフの皆が、プレゼントをくれました。本当に嬉しかったです。皆に、心から感謝。ありがとう。
で、誕生日なので、映画観てきました。仕事を終え、ハーヴェストウォークで、20時頃の上演。
上映時間ギリギリに飛び込んだら、夏休みだからか、この時間でもロビーには、カップルやら家族連れやら、パラパラとお客さんがいました。
後で知ったのですが、アニメの‘何とかのアリエッタ’が、大人気。私の様に男性一人で、観に来ている人もたくさんいるとの事。
で、私は予告編の始まっていた‘ローラーガールズ ダイアリー’に飛び込む。アレッ。出ました、貸し切りナウ。
誕生日に、憎い演出です。ど真ん中で、ポップコーンとコーラを手に、41歳、男一人で大いに楽しみましたナウ。
とても楽しい映画でした。監督は、出演もしているドリューバリモア。昔、‘ET’で妹役の人です。ロックな大人になっています。
監督をしたこの映画も、とてもロックでした。41歳になる私、ロックな大人になる事を再度、心にかたく決意しました。
若いスタッフから教わった、「夏でもブーツが、かなりクール!」を実践しています。
しかし、これは全然クールではありません。連日、恐ろしいほどの猛暑が続き、私の足には・・・カブトムシならぬ、水虫が一気に広がりました。痒いのなんの。かなりのロックです。
今も、お風呂でゴシゴシしてきましたが、やはり痒い痒い。毎晩、カブトムシと水虫という、二匹の虫に、貴重な睡眠を妨げられるのです。ロックです。
もちろん、愛する娘には、二匹の虫の存在は秘密です。間違いなく、強烈に悲しい一撃を言われます。「パパ。気持ち悪い!ナウ。」

kategori_2730_40814_2

kategori_2730_40814_3

ほんざわやブログの最新記事