kategori_2730_38747_1

’09 9月22日 インド2日目 Agra

kategori_2730_38747_1

 

朝6時30分デリー発で、アグラーに列車で移動。タージマハルを行くためで、ノブリンが、日本でネットを使い予約を入れてくれていたの。エアコン付きの一等客室は、全席指定(自由席は大混雑、搭乗口まで人が溢れていて扉も閉まらない状態)で食事付き。インドの金持ちか、ツーリストがゆったりと約2時間。
車窓から見える朝の風景は、ほのぼの。皆さん‘野グソ’。あちらこちらに、ペットボトルに水を入れた人達がしゃがみこんでいる。線路の脇だろうが、田園地帯だろうが、お構いなしのお変わりなし。毎朝なので場所が決まっているのでしょう。ほのぼの風景が続く。
あーじゃない・こーじゃないと、人を掻き分け、押しのけて、タージマハルに到着。イスラム系のお祭り(イーグルフェスティバル)で、多くの人々が訪れていた。皆さん、白の正装に、頭にちょこっと乗せるやつ。家族全員参加型なのか、女の子もオシャレにしている。コーランが響き渡り、皆が波を打つ様にひざまずき、祈りを捧げている。そんな世界遺産にも指定されている観光地の公衆トイレが、悲しいほどヒドイ。
カレーウンコをもよおした為、慌ててトイレを探す。一箇所しかないの。しかも外人だからか、チップを要求するくせに、紙は当然無いとしても、水道すら壊れている。
・・・とにかく、比較的キレイと思われる和式に飛び込む。考えても仕方が無い。無いものは無いので、きったないペットボトルを右手に持ち、左手でピシャピシャ。グリグリ。ペッペッ。と、事を成す。がしかし、ここからが難しい。
日本代表の私は、このピシャピシャに慣れていないので、お尻の周りはビショビショ。パンツは、当然、はくしかない。ビショビショのパンツでも、恐ろしくジリジリとした、太陽の下では、一気に乾く。日本を出る時にはいてきたパンツ。実は本日、表裏を逆にしての使用。エコ。
お昼に、観光客が一切来ない、超ディープなエリア。オールドシティの定食屋で、マサラドーサを食べる。メニューは読めないから、相席の黒いオッサンが食べているのと、「同じやつ」。コレが、この店の名物らしく、超ウマイ。実際、お昼時、地元の客で溢れかえっていた。休日の為か、黒いガキ共だけで食べに着ていたり。リキシャーで駆けつける、黒くてでかいオバヤンがいたりと、大盛況。カレーは、減ったらどんどん足してくれて、お値段なんと25R。安いうまい早い、そして・・・汚い。
アグラー城に移動し、芝生の上で昼寝をしようと、横になっていたら。来ました。第二段。
もちろん、ここでもビショビショ。刺激物か汚物に、胃腸がビックリしている様子ではあったが、本日のカレーウンコは、二回で打ち止め。
帰りの列車の中では、ベジカレーをいただいたのだが、サラダ(注:小さな紙の袋に人参とキューリのような物が入っている。塩を振ってパサパサ感を楽しむ)に、青唐辛子が一本。ガブッ。ウェッ。オエ~ッ。カラ~イ。強烈なカラさ。コレ、絶対にお尻に悪い。
ホテルに戻り、シャワーを浴びたら、お尻がヒリヒリと痛い。青唐辛子が原因ではなく、きっちりと拭いていなかった為なのか、お尻の谷間が痛い。当然、パンツは捨てた。

ほんざわやブログの最新記事