kategori_2730_38524_1 (1)

’09 8月2日

kategori_2730_38524_1 (1)

ヒザの震えが止まりません。
今週、仲間の植竹哲也君の衆議院選への出馬、決起集会が、文化センター大ホールで行われました。
大雨の中、1400名を越える大勢の人、人、人。2階席まで埋まってました。スゴイ。
彼は、どんどん大した人になってきました。出会った頃は、ただのお坊ちゃまだと思っていたら、あれだけの大勢の支持者の前で、自信たっぷりに天下国家を語れるとは、正直ビックリです。
努力しているのだと思います。誹謗中傷も多いでしょうし、キビシイ言葉も多い中、頭を下げ続ける姿には、尊敬です。とにかく頑張っている。
そして、お袋さん。表でも、舞台ソデでも、どこでも、とにかく頭を下げて、息子の支持をお願いする姿には、感動すら覚えます。
政治家という職業は、ここまで過酷なのか、と思い。自分自身の仕事に対する認識の甘さを痛感しました。私は、まだまだ努力が足りなかった。
選対本部長である美容師先輩の挨拶の後、ジャーン、私が壇上へ。
・・・。そーです。
皆さんが、ご察しのとおり、ビビリました。心臓の小さい私です、ビビらないはずがない。
自覚はしていました。数々の失敗にカミカミのスピーチ。調子に乗っていた自分に反省もしていたのですが、それ以上にビビりました。
1400名です。TVカメラに新聞記者、皆が見てる~っ。イヤ~っ。
‘決起宣言’。スタンドマイクの前で、読み上げるのですが、途中から右足が震えてきた。
ヤバイ。体重を左足に移して、何とか震えを止めたと思ったら、次は右手が・・・。
何でや~ぁ。頑張れ、オレの右半身。ガックン、ガックンになりながら、最後まで読み上げました。が、もちろん、途中でカミました。
大切な所で、絶対にカム・・・またしても自信喪失。
看板屋の先輩の音頭で、「エイッ・エイッ・オー!」とても良い雰囲気での閉会でした。
哲也君や先輩方は、なぐさめてくれるのですが、皆さんに比べて、私の出来の悪さといったら。
申し訳ない。通販で心臓に毛の生える薬は、売ってないのでしょうか。
気持ちを入れ替えて、本日は、宇都宮の宮祭り。
仲間の好意により、お御輿の宮入れに参加させてもらいました。
仲間の好意により、ゴリマッチョ2人の間に、押し込まれました。
クライマックス。テンション上げ上げで、ウリャウリャァ~。後ろのゴリマッチョが、前のゴリマッチョの腰を掴んで、私は二人の間でギュウギュウに。もちろんアレもナニも、ギュウギュウに押し付けられながら、汗ダクのグリグリのチョイチョイの。
ソイヤァ、ソイヤァで、やっとこさっとこ、二荒勢神社の境内への階段を何とか上り切ったら(本当にキツかった)ぜんぜん終わらないの。
境内で、モムのなんの。めでたく終わりかと思っていたら・・・モムモム。
ゴリマッチョが激しく、もんでぇ~もんでぇ~♪。
私なんかは悲しく、もまれてぇ~もんでぇ~♪。
イヤ~ぁ、キツかった。無事、担ぎきって、ゴリマッチョズに開放された途端、足がガクガクと震えだした。
いい汗、いっぱいかきました。変な汗、いっぱい浴びました。貴重な経験、ありがとうございました。

ほんざわやブログの最新記事