kategori_2730_38451_1

’09 7月19日

kategori_2730_38451_1

地元・小山の須賀神社の夏祭り、祇園際。町内からは子供御輿が出て、小学2年生の娘はヤル気満々。
朝から町内の各家庭を訪ねて、「家内安全・商売繁盛」をご祈念する。
いやぁー大変。暑い暑い、水分をいっぱい補給し、休み休み進むのだが・・・キツイ。
子供の御輿だし、見た目チッコイのだが、担ぐと以外に重い。しかも、ガキ共は担ぐというよりは、戯れる。チッコイのにいたっては、ぶら下がるという状態。4、5年生が頑張っていて、6年生は、上手にサボるという具合です。
お昼のカレーライス、カキ氷。途中・途中では、スイカにアイス、ジュースに氷水。食べ放題・飲み放題、皆が集まれば祭りは楽しい。
町内会の重鎮(オジヤン・オバヤン)、育成会の役員さんや、地域の皆さんのおかげで、子供達は本当に楽しんでいた。
楽しんだだけでなく、良く頑張った。娘も最初から最後まで、汗だくグショグショになりながら、御輿に喰らい付いていた。我が娘ながら、人一倍根性はある。男の子にも負けない、たくましさ。
須賀神社の境内や、メインストリートを大きな声で練り歩き、夕方、町内に戻った際には、大人はグッタリ。子供達は、スイカ食べて、配られたお菓子広げて、まだまだ元気、元気。
親子でとても貴重な一日を過ごせました。地域や伝統、周囲の子供達を愛する心を自然に体感し、身に付けさせて下さる。町内の皆さんに、心から感謝です。アンゴステンノー!

kategori_2730_38451_2

kategori_2730_38451_3

ほんざわやブログの最新記事