kategori_2730_38884_1

’09 10月27日

kategori_2730_38884_1

 

生活習慣改善のため、早寝早起きを心掛け努力してまいりました。悪い人達からのお誘いをかわし、0時には布団の中に。
以前は真夜中にメールの確認や、このブログの作業をしていたのが、全くしなくなりました。毎晩寝る前に、‘明日の朝は早く起きてブログしよう’と、心に誓うのですが、起きる時間は変わらずに、睡眠時間が長くなっただけ。
あれっ、意外と眠れるものです。しかも以前より熟睡できている気がします。売り場の皆は、相変わらずバタバタと忙しく頑張ってくれているのですが、私自身は変な余裕があって熟睡。少々の事では、悩まなくなってきました。以前は眠れぬ夜が、多々あったのですが、ここんところは寝れちゃいます。なので、ブログもサボっていました。
一部のアホな人達がプレッシャーをかけて来るのです。関西の超デンジャラスゾーン尼崎(本当に怖い所で、正にダウンタウンもココ出身)で育った私に対し。
「おっさん、ほんまにアホやなぁ」=「君は、本当に面白いね」
「頭おかしいな、き○がいやでぇ」=「センス抜群、キレキレだねぇ」
「ちょーしこいとったら、シバクぞ」=「もっともっと、ふざけなさい」
危なかったです。イロモノ的な期待をされ、笑わせてなんぼ、という関西人魂もあり、間違った方向に進んでいました。プレッシャーに押し潰されそうになっていました。
文化とは恐ろしいものです。栃木では、誰一人として面白ブログを期待してはいなかったのです。普通に、子供服の情報をお伝えすれば良いとの事でした。ある意味ショックであり、肩の荷が下りました。変なプレッシャーからも開放されました。
社風とは恐ろしいものです。社内では、誰一人として面白オヤジに期待してはいなかったのです。実は先日、青年会議所の全国大会(卒業式)に出席するべく、私を含む卒業生5名と仲間5名の小山から10名で、沖縄にいたのです。
申し訳ない思いもあり、スタッフには内緒でこっそりと・・・。ぜーんぜん普通に、会社は機能していました。売り場の皆からも、殆ど呼び出しもなく、各店でしっかりと対応してくれていました。日焼けして帰ってきても、誰も何も言いません。あえて無視してくれているかのようでもあります。
青年会議所は今年で卒業です、来年から私は、夜な夜な何処へ行けばよいのでしょうか。売り場や会社に、居場所はあるのでしょうか。とても心配です。

kategori_2730_38884_2

ほんざわやブログの最新記事