kategori_2730_37128_1

’08 6月3日

kategori_2730_37128_1

春物(来年)の展示会にハーヴェストウォーク店の松本と東京へ。雨の中、いつもの電車よりも1時間も早く小山駅を出発しヤル気満々。
社屋の新しくなった丸高衣料さんへ。あまり派手な事をされない、老舗の子供服メーカーさんらしく落ち着いたビルで、無駄なデザインをされるでもなくアパレルらしくない、フツーの会社。
オジャマしてすぐに、夏物(今現在売り場に並べる物)の補充をする。ゾロゾローッと棚に並べられた商品をバサバサーッと選び、箱に入れていく。男前マッちゃんの得意分野!‘ほんざわやさん’とマジックで書かれたボテ箱に、何も考えず感性のみで商品を選んでいく・・・素晴らしい!
他の小売店さんも沢山いらっしゃていて、「コレが、カワイイ!」とか、「コレなんか、売れるんじゃない?」と、楽しそうにされているが。我らがマッちゃんは、無駄口は一切叩かず、ひたすら商品を棚から引っ張り出す・・・男前。
みるみるうちに、ボテ箱が重なっていく。オジサンはというと、勝手に選ぶと後で怒られるので、何をするでもなく棚の間をウロウロ~。彼女とは明らかに好みが違う・・・‘竜’とか‘トラ’がプリントされた和柄なTシャツとかが大好き。おいおい、TVに出ているマッちゃんと同じセンスやないかいな(関西風)。
思う存分、お買い物をした後、展示会場へ移動。多くのブランドを作られているメーカーなので、商品数も多く、一通り見るだけでも大変。企画の女性に説明を受けながら、マッちゃんが受注。オジサンは疲れちゃったので、お偉いさんとお茶。
近くのお店で昼食をいただき、F.Oさんの展示会場へ移動。ここはいつもの様に人気、多くのバイヤーさんやスタッフさんが来場されている。
私がバインダーに絵型と鉛筆を持ち、マッちゃんが商品を端から端まで一つずつ選んでいく。「○○ページ、○○番、○○色」と、指示された商品のチェックをしていくのだが・・・商品数が多く、とにかく疲れる。
「あれ?○○色でしたっけ?」「○○色やって、言ってるでしょ!」彼女もだんだん疲れてきて、何を言ってるのか解らない。口調も不機嫌でヘロヘロになり、ウワァ~!
何とかやり遂げ、受注の確認をしながらイスにへたり込んでいると、調子のイイ営業さん(悪い人ではないが、関西人)がやってきて、ペラペラしゃべりたおす。ペラペラ~ペラペラ~。 ・・・。
思わず私、「おっさん、お茶ぐらいもってこいや!」
ペラペラ:「えっ、飲むの?」
私と松本:「飲むわい!」 いや~ぁ、疲れた。
コペックさんに移動して、チョコレートを口にいっぱい、ポケットにもいっぱい頂く。「どーぞどーぞ!」と、とても素敵な営業さん。
地下鉄に乗り、表参道に移動。ラグマートさんの展示会場。商品説明を聞いた後、さすがに私は立っていられないので、お茶。マッちゃんは独りで受注。約1時間、彼女は持ち帰って宿題にするらしい。まだまだ、多くのスタッフの方が仕事をされていた会場を後にし、渋谷から帰宅。
2人共、一言も口を開かず、小山まで爆睡。松本さん、本当にお疲れ様でした!

kategori_2730_37128_2

コメントを残す

ほんざわやブログの最新記事