kategori_2730_36467_1

’07 10月3日

kategori_2730_36467_1

丸高衣料の展示会に行ってきました。ハーヴェストウォーク店の松本と東京の小伝馬町にある展示会場に出かけました。群馬の親しくしてもらっている専門店の2名と待ち合わせし同行しました。
女性のバイヤーと私の友人である、キョージです。彼とはサラリーマン時代に同居していた事があり、仕事でもプライベートでも相談できる頼もしい男前(昔からよくモテた・・・)です。
展示会は楽しいです。丸高さんは、出展ブランドもアイテム数も多く活気がありました。4人で見ていると、それぞれの好き嫌いがはっきりしていて、面白いです。私と松本の感覚が違うのは当然としても、バラバラなのには笑えます・・・。私の感覚では、今回はボトムが良かった!どのメーカーさんもですが、デニムの加工がどんどん進化しています。ダメージやシワの加え方が、ていねいで上品に仕上がっていました。素材が良いのに価格も抑えられており、売れると思います。松本の一押しは、フリフリの手作り風女児、刺繍やパッチワークがふんだんに使われており、今までに無い北欧の民族衣装の様でした。そして、彼女が大好きな(私は大嫌い)漢字プリントのシリーズ。この夏と秋、「男前」が大人気なので、次は「大将」らしい(何じゃそれ・・・)。展示会場でも若い人達がこれをたくさん受注していました。私は理解に苦しみます・・・。

コメントを残す

ほんざわやブログの最新記事